正しく使用すればミノキシジルの副作用も怖くない

用量による違い

パソコンのキーボードを打っている手元

薄毛解消に便利な育毛剤として有名なミノキシジルですが、服用方法に関して気をつけなければならないことがあります。
それがミノキシジルの用量に関することです。
1度でもミノキシジルを購入しようと調べたことがある人はご存知かと思いますが、販売されているミノキシジルには2.5mg、5mg、10mgという3種類が存在します。
この用量によっても服用方法が異なってきますので、充分に注意が必要なのです。
また、用量が多いほど当然その効果が強いのですが、だからといっていきなり10mgのものを服用すればいいというわけでもありません。
日本人にとっては10mgというのは強すぎるくらいであり、過度に摂取してしまうとそれはそれで副作用が生じてしまう危険があります。
まずは2.5mgから初めてみるなど、少ない用量のものから順々に試していきましょう。

ミノキシジルに限らず、育毛剤というのは使用したからといってそう簡単に結果を示すものではありません。
早くとも半年ほどはそこまでの成果が見られないと言われています。
ですので、全然効果を実感できないからといって、無闇に摂取することはやめましょう。
用量別に服用方法が定められているうえに、ミノキシジル服用のルールとして、1日100mg以上の摂取は禁止されています。
ミノキシジルはもともと血圧低下を目的とした医薬品であったことから、過度な摂取は非常に危険なのです。
焦らずゆっくり、確実に薄毛治療をおこなっていきましょう。

Copyright© 2016 正しく使用すればミノキシジルの副作用も怖くない All Rights Reserved.